2年が経ち思うこと

 11, 2013 23:32
東日本大震災から2年という歳月が経ち、
私達はあの震災や原発の事故からいったい何を学びとったのでしょうか?
絶対に風化させてはいけない。亡くなった方々のかけがえのない命を
無駄にしないためにも、今生きている私達が、よりよい選択を
し続けることが何よりも大切なのではないかと思います。

P1050015.jpg P1050017.jpg
P1050018.jpg P1050022.jpg
Photo:菅原天満宮にて

本日はレイキのレベル3セミナーを開催しておりました。
レベル3の中で「宇宙平安の祈り」というのがあるのですが、
全宇宙に向けてレイキを送りながら、全宇宙の平和や
生きとし生けるものの幸せ、そして被災された方々が
一日も早く安心して暮らせることを祈っておりました。

本当に一人ひとりの意識の高まりや、
個ではなく、全体の幸せを祈って行動していくこと
一つ一つ選択していくことが大切だと思います。

大きなことができなかったとしても、
できるだけいつも調和の思いを発信したり、
身近な人との関わりの中で、お互いを思いやる気持ちを忘れずに
接するとか、感謝や満足の心を忘れないとか、そういう
当たり前だけど忘れかけてしまっている小さいことの
大切さや、
目先の利益だけではなく、全体や何世代も後のことまで考えて
日本や地球がもっと住みやすいところになるような
選択をしていく必要を感じながら、レベル3をお伝えしていました。

大勢の方の祈りがどうか届きますように。
関連記事