レイキヒーリングセミナー受講者のお声

 19, 2012 23:58
◆奈良県 30代女性 主婦 Nさま

Harmonyでレイキヒーリングセミナーを学ぼうと思った理由やキッカケ


回路を開いてもらったら、誰にでもヒーリングが出来ると聞いたので。
また、病気の姉に少しでも助けになればと思って・・・です。



受講してみての感想


回路を開いていただいたので、これからは自己ヒーリングを
毎日してたくさんのエネルギーが通るようになって欲しいです。
色々質問しましたが、とても丁寧に教えていただきありがとうございました。

ヒーリング実習中に感じたことなど

静かな気持ちになると、ちかさんの手の温かさが伝わってきました。
半信半疑でしたが、確かに感じました。

*******************************

Nさま、ご感想を送ってくださりありがとうございます!
病気のご家族の助けに少しでもなれば…という思いがキッカケで
学ばれたのですが、ヒーリング中には、「治ってほしい」「良くなってほしい」
という思いを入れずに、ただただ、クリアなレイキの通り道になって
手を当てることが大切です。というお話などをさせて頂きました。

自分の「思い」を入れてヒーリングすると、自然界に満ちるレイキではなく
「自分のエネルギー」を送ってしまい、自分が消耗する可能性があります。

ヒーリングを学びたての最初は、これがなかなか簡単そうで
難しかったりしますね。。。

また、家族や身近な相手であるからこそ、無意識に「思い」を
入れてしまいそうにもなります。

私も家族が病気でヒーリングしようとしても、なかなか「思い」を
完全に手放すことができない時もありました。

そんな時は、まずは家族よりも先に自己ヒーリングをしてくださいね^^
そして、レイキヒーリングの最中だけでも、「思い」を手放した状態で
淡々とレイキを送れるようになった時に相手にヒーリングされることを
おススメします。

どうしても難しい場合は他人にヒーリングのお願いをするのも
ひとつの手だと思います。

私も自分の家族にヒーリングするときに思いを手放してできなかった時などは
知り合いにお願いしたり、また、逆の立場になることも時々あります。

歯がゆい気持ちでいっぱいでしたが、そこにも大きな学びはあるのです。
私達は生かされている存在なんだ、ということや、病気も何かしらの理由があって
本人が自ら選択しているということや、相手の人生をどうにかしたいという
思いを手放せていなかったり、宇宙に委ね切れていない自分と向き合わされたり。
そういう自分を見せられることも、ひとつひとつが大切なプロセスなんだと思います

また、このことに関しては別の機会にでも詳しく書きたいと思います。

ご感想ありがとうございました
関連記事