フェアトレードなどのすすめ

 20, 2012 00:00
2012.1

今でこそ、フェアトレードという言葉もだいぶ知られるようになったけど、
私が最初に知った2006年の頃にはまだ今ほどは自分の周りにも
広まって無かった気がする。もっと皆に知ってほしくて2008年頃に
もうひとつのブログでこんな記事を書いていました。


滋賀県大津市でアロマ基礎講座の3回目、アロマハンドトリートメントの講座を
してきた時に、その大津のPranaplusさんの近くにも
フェアトレードショップがあるよと教えてもらったので行って来ました。

フェアトレードチョコとヘアゴムを購入♪
ヘアゴムの収益は、カンボジアの子供達に絵本を送る資金になります。



今日買ったチョコは、第三世界ショップ「地球食」のものです。
使っている砂糖は、白砂糖ではなくて、農薬や化学肥料に頼らないで作った
サトウキビからのミネラル分を多く含んだ精製度の低い砂糖を使ったり、
カカオも小規模農家の支援になるように、仲介業者などを
通さないで公正価格での取引でのものが使われています。
作っているのはスイスの生産者団体。ちょっと甘めですが
美味しかったです♪

この時期になると毎年楽しみにしているのは「PeopleTree」のチョコレート
甘さはこちらの方が控えめで、私好みです。
他にもけっこう色んなところがフェアトレード商品を扱うようになって
きたなぁと感じます。フェアトレードチョコはどちらも、温かみを感じる味です。

私がフェアトレードチョコを選ぶ理由はこちらに詳しく書いています。

フェアトレードを知ってから、私は、服とか、食べ物とか、
洗剤やシャンプーなどもそうですが、普段使う物、購入するもの
ひとつひとつを、何からできているものか? どこからやってきてるものか?
どういう人たちが作っているのか? 体内に入った時、使い終わった後に
人体や地球にどういう影響があるのか? などを少しずつ意識して
購入するようになりました。

服も、ここ数年は流行のものよりも、手仕事でつくられて流行廃れのない
デザインのものをフェアトレードショップなどで購入することが多かったりします。
しっかりつくられているし、流行にも関係ないので長いこと着れます。
着心地ももちろん気持ちよいですしね

洗剤やシャンプーは、以前も紹介しましたが「森のなかま」とか
太陽油脂の「パックスナチュロン」の石けんシャンプーとか、
掃除には重曹やクエン酸などを活用したり、生分解性の高いものを使ったりしています。
石けんシャンプーに切り替えたきっかけはこちらのブログに書いています。
最近は、石けんシャンプーもやめて、森のなかまとヘナを使っています。

食べ物だけはなかなか切り替えるのが難しい部分ではありましたが、
昨年の11月頃からは「生活クラブ生協」を教えてもらったので、
お野菜や食材は基本的にはこちらで購入しています。
主食である玄米も残留農薬ゼロのものを長年食べています。
ただ、そういうものは確かに価格もちょっと高めかもしれない。

でも、消費者は、買い物を通じて
社会に1票を投じることができるのです。


私だったら、利益だけではなくて、環境のことを考えている会社、
本当のことをちゃんと教えてくれる会社、生産者との橋渡しをしてくれる会社、
などを選びたいと思うので、無理の無い範囲で選んでいます。

全てを全て、そのようにすることは簡単ではなくても、一人一人が
できることからそうしていくことで、小さな波紋が広がって
大きなうねりになるのではないかな?と思います。
関連記事