万能酵母液の講習会を再々再受講してました

 01, 2017 13:19
こんにちは。5月になりました!
今年ももう3分の1が終ったなんて…早いですね

C-sxM06UAAAku0h.jpg

昨日は、万能酵母液の作り方講習会を再々再受講してました。
ちょうど1年ほど前に初めて堂園さんの講習を受けて
それから作って毎日飲み始め、昨年の5月と7月は酷いデトックスのような風邪を
長々と引き続けていました。
でもその後からスッキリし始め、ほかにもデトックスが起きたりもしましたが、
長いこと患っていた霰粒腫も目薬を一切やめて
万能酵母液や納豆菌水で目を洗うようにしていたら綺麗になりました

冬の2~3ヶ月は室温が低くて発酵しにくかったのと、
糠漬けを始めたのもありお休みしてたのですが、
また最近久しぶりに作って飲み始めたらやっぱり腸が良い感じなのと、
なによりもお料理が美味しくなるので使っています

堂園さんが言うには半年ほど前からだんだんと変化が起きてきているそうですが、
万能酵母液も新しいステージにいくようですよ
腸内の菌バランスが整い免疫力や抵抗力が高まって、
さらに、本来あるべき姿へもどっていくプロセスをこれからも楽しみます。

万能酵母液というのは名前だけ聞くとなんだそれ?って思うかもしれませんが、
その国の主食(日本はお米)にいる酵母菌(通称玄米菌)の液体です。
腸内で悪玉菌を抑制して善玉菌の働きを活性化させてくれるので、
腸内環境が整ったり、免疫力を高めたり、活性酸素を抑制する抗酸化作用
などが期待できます。

そして、無農薬玄米、さらさらの黒糖、海の塩、水 さえあれば
誰にでも作れるものなので、コストがかかりません!
材料のさらさらの黒糖や海の塩も手に入りやすいものですし、
お水に関しては堂園さんは腐敗せずに発酵を促す素粒水ができる
浄水器をオススメされていますが、それを使わなくても普通の浄水でも勿論作れます。
(塩素入りの水道水やミネラルウォーターはものによって上手くいかない場合があります)

ちなみに、私も最初はもともと家にあった浄水器の水を使って作っていましたが
コストパフォーマンスがもともと家にあったものと大差なかったし、
そのお水のことを勉強したところ、本当にこれは良さそうだと思ったので
途中から変えました。 

お水そのものも、もちろんとてもクリアな感じで美味しいですが、
お茶や珈琲が凄く美味しくなって、観葉植物にもそのお水をあげ続けていたら
ものすごい勢いで育ち始め、なにやら本当に凄い…と思ったので、
実はサロンでも販売しています。
(一応サロンにもチラシを置いていますし、ご縁でサロンから購入される方には
お得なサービスをしていますので、実物を見たい方、購入されたいという方は
お声かけください。)

そして、納豆にいる納豆菌を増やした「納豆菌水」というものも
万能酵母液と一緒に飲んだり使うとよりよい、ということなので、
私はこの両方を日々飲んだり、料理に使ったり、お肌に塗ったりと
色々活用しています。

配布用の納豆菌水は、堂園さんの講習の再受講やインストラクターさんが
開催する勉強会などでも手に入りますが、昨日堂園さんにチェックしていただいて、
納豆菌水の配布のOKを頂いたのでもし欲しい方がいたらお声かけください
配布している納豆菌水を発酵させてお家で増やしていただいたら
12リットルの納豆菌水が作れます

万能酵母液に出会ってから、日本の発酵という文化を見直して
実際に発酵食を色々取り入れるようになってくると菌に生かされているんだなぁ
ってことを改めて感じるようになりました。

抗菌や除菌のものを使うのではなく、菌バランスを整えながら
仲良く共生していきたいですね


関連記事

Tag:万能酵母液