虹の後のレイキレベル4セミナー

 14, 2016 08:31
おはようございます。
昨日は、昨年末まで募集していたアクセスバーズモニターセッションの
最終セッションが午前中に終了し、セッション後に玄関を出たところで
クライアントさまが教えてくださり大きな虹が見れました
素晴らしいタイミングで見れて、なんだかとってもスッキリとした良い気分になりました!
20160113.jpg

そして、午後からはレイキセミナーレベル4を開催してました。
レベル4はレイキマスターとして認定するレベルです。
認定をとったらマスターなのではなく、ここからがスタートです。

レベル4まで学ばれる方の理由はさまざまですが、
「家族にヒーリングしているけれど本人が自分でレイキできるように
アチューンメントをしたい」
とか、「自分の学びを深めるため」とか
「他人にレイキヒーリングをするだけよりも、セミナーも
できるようになっておきたい」
といった方もいらっしゃいます。

どのような理由であっても実践を重ねてレイキの良さを実感されていて、
人に伝える機会があれば伝えたいという思いを聞くと嬉しく思います


以前にもブログに書いたことがあるので読んだことがある方もいるかもしれませんが
私自身がレイキマスターになったきっかけはちょっと変わっておりまして、
最初にご縁があった光明レイキでレベル3まで学んだあとは、
レイキ交流会に参加したり、自分や家族を中心に他人には練習のために
ヒーリングしているだけでしたが、その後、ご縁でエネルギーワークや
ヒーリングの基礎を1年ほどかけて学ばせて頂いたヒーラー養成講座の
カリキュラムの中に臼井式レイキマスターの認定セミナーも含まれていたので、
その流れでレイキマスターになったという感じでした。

さらに、レイキマスター認定をとる前から「マスターをとったら教えて欲しい」
という方が既にいらっしゃったのが、人に伝える活動の始まりでした。

人に伝え始めてからレイキの流派による違いに疑問を感じたり、
よりしっかりとレイキを学んで伝えていきたいという思いが出てきて、
その頃に出逢ったレイキの本の著者である土居裕先生の現代レイキを学びなおしました。

それから本格的にレイキマスターとして活動し始め、だんだんと
レイキを伝える活動が楽しくなり、最初の数年は本当に細々とでしたが、
レイキに関しては伝える役割を与えられているように思える出来事が多く、
気付けばマスター活動を始めてから9年以上が経ちました。

伝える側になってからの学びはとても多く、自己成長を促される機会にも
恵まれますし、レイキ活用の場も広がり、レイキの恩恵を
沢山受け取っているのを感じています


レベル4まで学んだ方全てがレイキマスター(ティーチャー)活動をしているわけではないですし
レイキを伝える活動をするかしないかはご本人の選択や
宇宙の流れに任せておりますが、レイキマスターとして活動していくことで
得られる学びは大きいので、「レイキの素晴らしさを伝えたいきたい」
と思う方の力になれることがあれば、そのサポートはしたいと思っております。


ではでは、今日も素敵な一日をお過ごしください
関連記事

Tag:レイキ