アロマ選びにアーユルヴェーダ理論を取り入れる。

 31, 2015 15:34
こんにちは
半年前から月1回学んできましたアーユルヴェーダアロマのセミナーが
先日終了し、最終日には自分のドーシャの乱れを整える精油を
ブレンドしてオリジナルのアヴィヤンガオイルを作りました

香りのバランスも取りながら、さらにドーシャのバランスも考え、
最近寝不足でお疲れだったお肌やホルモンバランスの調整にも
良さそうな精油を選んでブレンド。良い香りになりましたよ~
名付けて「ラクシュミーブレンド」(笑)



やけに楽しそうな写真です(笑)

アロマを生活の中に取り入れるのは、私にとっては自然なことで
ちょっと風邪っぽいときは、メディカルアロマの知識から
セラピーグレードの精油をうがいや吸入に使ったり、
何か不調が出た時はレイキでのセルフヒーリングに
アロマを追加することもあります。(アロマは毎日でなく必要に応じて)

沢山のクライアント様と接するこの仕事は、自分を良い状態に
保つのがとても大切なので、日ごろからセルフメンテナンスは
しっかりしておりますが、時々天体の動きと連動して、深いところに
あったものが浄化される時は、それこそエネルギーレベルであったり
感情解放のために、アロマを活用したりします。
(この場合は主にエナジーアロマやサトルアロマとしての使用。)

そして、今回アーユルヴェーダアロマで学んだのは、
アーユルヴェーダの基本と、ドーシャ理論から見て、
心理的にも、身体的にも今どのバランスが乱れているのか?
そして本来のバランスの整った状態に整えるためにどういう
精油でどういうケアをしたらいいのか?といったことなどなど。

症状が同じでも、その方のドーシャバランスによって
選ぶ精油が変わってくるので、これがわかっていると、
より最適なものを選択できるんですよね

昨年スリランカへ行ってから、料理教室やワークショップで
アーユルヴェーダのことをちょこちょこ学んでいたのですが、
料理だけではなく、アロマ選びに繋がったのは自分でも意外でした。

でも、本当に良いタイミングで学べてよかったです。
アロマでも、フォーカスやアプローチの仕方でどのエッセンシャルオイルを
選び、どの様に使うかが変わってきますが、新しく教えていただいたことを
日常の中で活用しながらまたお仕事にも活かしていきます~

毎回楽しいセミナーをありがとうございました
関連記事

Tag:アロマ