鞍馬寺奉納音楽祭へ行ってきました。

 06, 2014 10:27
おはようございます。

昨日は、鞍馬寺での奉納音楽祭2014「生命(いのち)への祈り」に行って来ました。
2年前にも参加したこちらの奉納音楽祭も今年で4年目。

天気予報では台風や雨がどうなるか少し気になりましたが、
前もってレイキしておいたり、シータで風のエレメントに祈ってたので、
大丈夫だろうと思い、朝から友達と鞍馬へ!
お天気は曇りで、暑くもなく寒くもなく、ハイキングにはちょうど良かったです。

本殿にお参りしてから、大杉権現までハイキング。
自然の中を歩くのはやっぱり気持ちいですね!
大杉権現でお弁当やおにぎりを食べて、一緒に行った友達や
その友達の6名でせっかくなのでレイキサークル

エネルギーが浄化されてスッキリしてから、
13:00~の奉納音楽祭のため本殿へ戻りました。
最初に本殿でToshiさんと七海さんの奉納演奏があり、その後能楽堂へ移動。

いつもはもっと人がいるのですが、今回は台風を心配してか
観客もかなり少なめでした。
が、能楽堂での演奏が始まって少しした時にパラついた雨のおかげで、
なんと本殿の中の普通は入れないところへ移動して
演奏者だけでなく、私達も中に入れて、じっくりと聴かせて頂くことができ、
凄く貴重な体験になりました
(移動後またすぐに雨は止んだのですが)


今回の出演者の方々
*ひなた&ユンイさんの風鈴や琴、シンギングボール
*セレナさんの竪琴、
*恒さんのクリスタルボール
*今井千晶さんの歌と竪琴
*ひふみユニット(Toshi&七海with阿利)のディジュリドゥや歌、舞

本堂の中だったのもあり、音や歌声がとても静かに心と体中に響き渡り
最後にはとてもとても温かくなり、涙がでました。
今回も本当に素敵な奉納音楽祭でした。

そしてその後は、移動して信楽管長の講話会。
管長さんはかなりの御歳なのですが元気でお話も楽しく
本殿の飾りである羅網が表している地球と太陽と月の話や
全ての命の繋がりのお話とか、
波動の共鳴の話とか、色々と聴かせていただきました。
鞍馬山の教えはレイキで伝えてることとも同じですし、
心に響くお話が多々ありました。

講話で頂いたお箸と冊子にも大切なことが色々と書いてありました




お天気も講話のときは、外でザーザーの雨が降ってたみたいですけど、
終わったらほぼ止んでいて、帰りの下山中も帰宅するまでも
雨に降られることなく、ご一緒だった皆様とも楽しい時間すごせてとても有意義な一日となりました。
ありがとうございました

今回は、レイキ交流会に参加の皆様にもお声かけしたのですが
平日の方が行きやすいいうこともあり、また11月の紅葉のころにでも
鞍馬でのレイキ交流会を平日に開催したいと思います。
関連記事