現代レイキマスター研鑽会に出席してきました

 27, 2009 23:50
昨日、今日と「NPO現代レイキの会」のマスター研鑽会に参加して
レベル1.2.3.4の伝え方の再確認や、各マスターの伝え方や情報のシェア、
変更点などを確認してきました。
年に1回、多くて2回あるかないかの研鑽会だというのに
参加されていた専門正会員である現代レイキマスターが、
両日とも10名前後で、とても少ないことに驚きました。
昨年の研鑽会はもっと参加者が多かったのですが、
今回は、シルバーウィーク中で遠出されている方などもいらっしゃった
からでしょうか?

研鑽会の1日目はレベル1.2、2日目はレベル3.4を中心とした内容で
参加者全員が、各レベルでの疑問点や不明点を出しあって
それぞれのマスターがどのように認識し伝えているか、とか
各技法のやり方の確認と実習、ヒーリングの実習、などなど
とても濃い内容で充実した研鑽会でした。

技法やシンボルに関する認識で、いくつか変更点というか
土居先生のセミナーで確認していた点と変わった部分もありましたので、
Harmonyの受講者にはメール等やお会いできた時にお知らせいたします。
また、それ以外にもレイキはセミナーを受講されてから実践の日々が
スタートするため、受講後にご質問が出てくることや、1回のセミナーでは
受け取りきれないことがあるため、殆どの現代レイキマスターが
再受講制度などを設けております。
もちろんHarmonyでも、メール等でのフォローの他、
フォローアップやセミナー再受講制度も設けておりますし、
通常のレイキ交流会も定期的に開催しておりますので、
疑問点や忘れた点などがあれば遠慮なく確認してくださいね。

私自身も現代レイキマスターになってからも、最初の1年間は
2~3ヶ月に1回は土居先生のセミナーを再受講したり、
今でも年に最低でも1~2回は再受講しておりますが、
時代の流れとともにセミナーの内容も進化しております。
また、特にレベル3以降の精神性向上の部分は、1回セミナーを
受けただけでは受け取りきれないほど内容が濃く、
自分自身の成長の度合いによっても受け取れる範囲が広がるため、
再受講をする度に新しい気付きなどもあります。
ですので、せっかく学ばれたレイキを宝の持ち腐れにしないためにも
是非フォローアップ制度をご利用くださいねぴかぴか(新しい)


今回の研鑽会では、他にもNPO現代レイキの会と脳神経外科の
工藤先生が立ち上げた「クローバープロジェクト」で、
レイキヒーリングが、病気や症状に効果があることを示す証拠を
得るために、積み上げて行っている検証結果の一部をまとめた
DVDも見せて頂きました。

実際に脳波計でレイキヒーリング前・ヒーリング中・ヒーリング後に
脳波がどのように変化しているのか?を検証した時のDVDでして、
レイキヒーリング中の脳波は一番リラックスした時に出る
アルファ波になり、時には深い瞑想状態や、眠りに入った時の
シータ波まで出ていました。
検証結果を目で見てレイキの効果や素晴らしさを再確認でき、
日本でもアメリカやイギリスのように医療の現場でヒーリングが
本格的に取り入れられる日が近づきそうな気がして嬉しく思いました。

研鑽会でご一緒だった皆様、ありがとうございましたかわいい
関連記事