レイキの活用方法いろいろ その2

 15, 2008 22:17
7月にレイキのレベル1を学んだ後にどういうことに活用したか?
を書きましたが、今日はレベル2を学んだ後には具体的に私が
どんな使い方をしたかを書いて行きます。

レベル2を初めて学んでからももうすぐ3年程経ちますね。
レベル2は、シンボルとコトダマ(マントラ)を活用して高度なヒーリングを簡単に!
エネルギーの質とパワーの向上グッド(上向き矢印)が目的です。

シンボルなどを活用してレベル1よりもパワーアップしたヒーリングや
精神面に特に効果的なヒーリング、そして時空を超えたヒーリング
などができるようになります。
過去へのヒーリング、未来へのヒーリング。そして一番使うのは
遠隔ヒーリングですね。
今でもレイキについては対面でのヒーリングよりも
遠隔でのヒーリングをする機会の方が私は多いかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)

遠隔ヒーリングとは、目の前に相手が居なくてもできるヒーリングです。
隣の部屋であろうと地球の裏側であろうと、シンボルを活用すると
どなたにでも簡単に遠隔でのヒーリングができるようになりますよ!

でもシンボルというのはあくまで初心者用のツールなので、
使って使って使い切ったら、そのうち手放す段階に来ますので、
シンボルがないと遠隔ヒーリングは絶対にできないか?と言うと
そうではありません。(今となっては私もシンボルなどはほぼ
使わずに遠隔ヒーリングしています)


話を戻しますが、私がレベル2を学んだ頃(3年前)は、
実家の両親と離れて暮らしていたので、毎晩の様に母や友達に
遠隔ヒーリングをしていました。
遠隔ヒーリングですので目の前に相手はいないわけですが、
ヒビキを感じる練習にもおススメできますよるんるん
(でも、これは人によるのかもしれないですね…)

私の場合は、遠隔ヒーリングを沢山の方に無料モニターで受けて頂いて
いた時期があったのですが、経験をつんでいるうちに、
遠隔ヒーリング中に相手の調子の悪い所なのかヒビキを自分の体で
痛みなどの違和感として感じるようになっていきました。
ヒーリングをしているとだんだんと違和感などはなくなるので、
終わってから相手の方にメールで確認すると、
相手の方の実際に調子が悪い所と一致していたりもするので、
「ああ。これはヒビキなのだな。ここに手を当ててくださいと言う
お知らせなのだな」と言う事がわかっていったという感じです。

人によって感じ方は様々ですので、直感で「ここ!」と分かる方も
いらっしゃるでしょうし、それこそビジョンとして見える方もいると
思いますよ晴れ

相手の方も敏感な方だったりすると、何か要らないエネルギーが
ぞわわわわ~!!!っと抜けるのを私が感じたのをお話すると
相手も感じていたりすることも時々あります。


他にレベル2で学ぶ中でのおススメは「発霊法」です。
これは1回ごとに流れるレイキの量が増える、質がよくなる。と
言われているのもあって、私は他のどの技法よりも発霊法を一番多く
しています(笑)
1回ごとにかどうかは厳密には分かりませんが、やっぱりすればするほど
流れるレイキの質も量も良くなっていく感じはしますし
何よりも簡単で気持ちよいので続けやすいと思いますかわいい

他にも「解毒法」とか「へそ治療法」とか色々ありますね。
色々ありますがそれぞれがご自身で使いやすいと思ったもの、気に入ったものを
使って行くのが一番良いと思いますぴかぴか(新しい)
全部を習得しようとせずに気楽に楽しくレイキを活用して行くのが
長く続けるコツかもしれないですねハートたち(複数ハート)
関連記事

Tag:レイキ