レイキについてもう少し分かりやすく。。。

 04, 2008 16:42
久しぶりに、レイキに関することを。。

そもそもレイキとはなにか?というお話ですが、
よくよく考えてみたら、レイキってそもそも何?という説明を
このブログで書いた事は無いような気がしますあせあせ(飛び散る汗)


これは、色んなサイトを見れば書かれていることでもありますし、
HarmonyのHPにも簡単に書いてはいますが、私にとっては、
レイキが当たり前のものであっても、まだまだ世間一般的には知られていない
ようですし、最近イネイト療法を知って、波動のことにますます興味が
出てきているので、そっちの観点から、私の理解している範囲で書きますと、

日本でも昔から「病気を癒し、心に安らぎをもたらす波動」の存在が
知られていて、それを霊気と呼んでいた。のですね。
昔の人はおそらく「波動」ではなく「気」と言っていたと
思いますが… 

最近はやっと「波動」という言葉も一般的になってきたようですが、
私たちを含め、私たちの周りに存在している物も、言葉も、思考も
意識もすべて「波動」でできています。波動でできているというよりも
波動を出していると言った方が正しいのかもしれませんね。
波動とは、素粒子や分子が動くときの波のような振動のこと。

素粒子とか分子とか原子とか…あまり細かいことはつっこまれても
答えられませんので、このあたりは波動のことが書かれた本とか、
ネットで「波動とは」と検索すると詳しく書かれたページが出てきますので、
興味のある方は見てくださいひらめき

その、目に見えない素粒子が出している振動。もちろん目には
見えないわけですが、電磁波とかならわかりやすいのではないでしょうか?
携帯や電子機器が出している電磁波も目にみえないけど、
それこそ「波動」ですよね。

波動の中には、電磁波のように心身魂に悪い影響を与えるものもあれば
良い影響もあたえるものもあります。

存在の全てが波動でできていて、言葉や思考、意識も波動で
できています。悪い影響を与える言葉、思考、意識。
良い影響を与える言葉、思考、意識。
それぞれどんなものがあるでしょうか?


 ちょっと考えてみてくださいねかわいい



レイキの話に戻りますが、高い波動 病気を癒し、心に安らぎをもたらす波動
を昔から「レイキ」と呼んでいる、ということですが、

その高い波動であるレイキを取り入れて、心身ともに本来の健康な状態に
するのがレイキヒーリング。
そして、臼井レイキは、そのレイキを「人生を安らかに、豊かにする」ために
活用するものなのですが、その入り口としてレイキヒーリングがあります。

まずはレイキが流れる手を当てることで、心と体を癒すところからスタートし、
そして癒されていけば、あとはよりレイキと響き合う生き方。
つまり高い波動と響き合う生き方をしながらご自身の波動を高めて行くことを目指します。
ご自身の波動が高まれば、波動は共鳴するので、身の回りで起きることも
出会う人もそれに見合うものが自然とやってきますぴかぴか(新しい)


そして、レイキはレイキマスターがアチューンメントというテクニックで
レイキの通る回路を作る(作ると言うかもともとあったものを整え、開きます)
いわばラジオのチューニングを合わせるのと同じようなことを
することによって、その日から誰でもが使えるようになるのです。

私も本当に最初は半信半疑でしたが、レイキと出会って3年経った今、
本当に素晴らしいものと出会えたなぁと思っています。
最初はそれこそ、肉体的にも精神的にもしんどい状態だったのですが
だんだんと心も体も癒されていって元気になり、気付けば自分の身の回りの
人間関係が変わっていったたり、今までと違う人々と出会えたり、
シンクロが多く起きたり…病気も殆どしなくなりました。
私の場合は特に心がしんどかった時にレイキと出会ったので、
心に対する作用がとても大きいように感じています。
病は気からと昔から言うように、心が元気になれば体も自然と
元気になっていきますね☆
しかもレイキは一度身に付けた後は、器具も要らなければ
お金も要らないし、家族や身近な方にもヒーリングできます。

レイキ、過去に習ったけど、使ってないなぁ…という方、
もちろんレイキが必要のないところまで精神性が高まっていたり、
他にも色々なヒーリングもあるので、そっちの方が合っているという場合は、
それはそれでかまいませんが、せっかく習ったのに
よく分からなくって使っていない。とか、今イチ良い方向にことが
進んでいないな…と思っている方は、また使ってみてはいかがでしょうか?

Harmonyで学ばれた方でなくても参加できるレイキ交流会なども開催しておりますので
是非ご利用ください♪

沢山の方の魂が光り輝きますようにぴかぴか(新しい)
関連記事