ヒーラー養成講座での体験

 28, 2008 01:40
今日はレイキのレベル2セミナーをさせて頂いていました。
セミナーの最中に、色々ご質問を頂く度に、
今まで勉強してきたことが本当にすべて役立って
いるんだなぁと感じることが多いです。

私はレイキと出会って一番最初に光明レイキ會で
臼井レイキを3rdまで順に学んだのですが、
その後、ご縁があって J’sB Academy というところで
2006年の1年間ヒーラー養成講座を受けていました。
(今は名前が変わってJ'sB AcademyはHPもありません)

ここでは、ネガティブなエネルギーを除去する技法や
エネルギーを感じると言うこと、丹田センタリング、
ALPのヒーリングメソッドを取り入れた、レイキとは違う
エネルギーヒーリング「天地に繋ぐヒーリング」
(今はこの名前を使っているところはないと思いますが、
呼び名が分からないので私はそう読んでいます。)
あと、相手のエネルギー状態のトレースの仕方、
タキオンヒーリング、オーラリーディング、
ヘッドバランスヒーリング、簡単なマニュピレーションなどなどを
色々と教えて頂きました。

その中で、西洋レイキのアチューンメント方法も学んで
光明レイキ會でレイキマスターの認定をとらずして、
西洋レイキのマスターになりました。
マスターになろうとしてなったというよりも、
流れで西洋レイキのマスターになったという感じでしたが、
マスターになる前から「マスターになったら教えて欲しい」という方がいて、
マスターになった後で自分の中でレイキを本気で伝えて行きたい
という気持ちが大きくなったので、その半年後に、
現代レイキを学び直しました。(これについてはまた今度書きます)

で、このヒーラー養成講座で学んでいた中で、
私が一番苦手だったのが、オーラを感じる(エネルギー状態を感じる)ということ。
も~~これが、私はなかなか「感じる」ということが
わからなくってホントに毎回「なんで私は感じられないんだろう~」
とか思っていましたね…。
しかも一緒に学んだ方達が敏感な人が多かったこと!!


エネルギーのビリビリ感とか、流れている感じとか、
強弱位は、光明レイキ會でレベル2を習った後に、
遠隔ヒーリングの練習をたくさんしていたせいもあり、比較的容易に
感じられるようにはなったのですが、「オーラを感じる」
ということが、とにかくわからなくって…

「感じているのにそれを認めていないだけだよ」と、
よく先生や一緒に学んでいた仲間に言われましたが、
自分ではどれが感じていて、どれが感じていないのか
がわからなかったので、そう言われても、なんか
腑に落ちなかったのですよね。

ちっとも自信がもてなかったのです。


でもこれって、結局他人と比べていたからなんですよね。


今だから言えることですが、感じ方というのは本当に
人それぞれで、もちろん鍛えればどんどん鋭くなって
行くのですが、もの凄く感じやすい人と比べると
「自分は感じられていない」って思うけど、
全くエネルギーワークをしていなかった時の自分と比べたら、
感じているわけですよね。
それなのに、「できていない 感じていない」って口に出したり
思ったりすることで、よけいに感じられなくなるように
自分でしてたのですよね。。。(引き寄せの法則ですね)

ただ、素直に自分が感じることを認めるだけでいいのに。
ほんの少しでも、何か違いを感じたらそれをただ認めていく
ことでより感じられるようになるのに。


私は自分に自信がなかなか持てない部分があったので
ここを通り越すまでは正直結構しんどかったです。
でも、その経験があったからこそ、感じられない人の
悩みがよく分かるようになったのでそれはそれで
必要な経験だったのでしょう。


つづきはまた今度書きますね
関連記事