ヘンプカープロジェクトの続き

 09, 2014 21:16
こんばんは。

台風の影響が気になりますが、大丈夫でしょうか?
今日は本来であれば、ヘンプカープロジェクト2014の最終地点である
鳥取の麻畑と麻まつりへ行く予定だったのですが、
台風で延期になってしまったので家でおとなしくしていました

これに参加してから先日「搾油機のことはまたこんど」と書いてたことを
書こうと思っていたので、遅くなりましたが、
その、麻の実からヘンプオイルを搾る機械はこちらです!!


手前のホースから油が出てきて、右側から搾りかすが出てきます。

麻の実からこれで油を絞りながらそのヘンプオイルを燃料として
ヘンプカーは走るんです!
最初知ったときビックリしました。

もともとディーゼルカーは植物油で走るようにできているものなんだそうですが、
石油、石炭、天然ガス、原子力等の枯渇性地下資源エネルギーに代わる
再生可能なエネルギーとして、一年草で育ちが早いヘンプからとれる
オイルで走らせることによって、枯渇性地下資源をできるだけ使わないように
しよう!ということなんです。
ちなみにヘンプオイルリッターあたり、7~8km走るんだそうです!

また、油を搾った残りは、麻の実粉として食べることもできるんですよ。
ヘンプには良質のたんぱく質が含まれているのです。
しかも美味しい!!
夜の懇親会で頂いた料理にもその搾った後の残りの麻の実粉も使ってて美味しかったです

他にもヘンプの植物の多様性などを色んなところで伝えながら
ヘンプカーは毎年色んなところを走っています。
ヘンプオイルなので、排気も嫌なにおいではなくて、むしろヘンプオイルの
香ばしいような良い香りなんです。

今年は鳥取に到着して終了したのですが、また来年もあると思います。
麻について色々なお話もきけますので、是非機会があれば
足を運ばれてみてください
関連記事