レイキのレベル3、4を再受講してきました

 14, 2014 15:15
こんにちは。

昨日は、芦屋まで現代レイキセミナーレベル3と4の再受講に行ってまいりました。

レイキのレベル1(初伝)とレベル2(奥伝)は、セルフヒーリングや
他者ヒーリング、遠隔ヒーリングなどを学んで実践していく段階ですが、
レベル3(神秘伝)からは、日常の全てが愛と調和と癒しの波動
レイキと響き合った生き方を実践していく段階です。

※レイキを伝えている系統によって、レベル3の内容には
かなり違いがあります。私は色んなところでレイキを学んだうえで、
最も人に伝えていきたいと感じた現代レイキで学んだことを
ベースにお伝えしております。
fc2blog_20140713214041ba5.jpg

レベル3で学んだことを実践して、レイキとの響き合いが高まっていくと、
人生そのものが良いほうへ、変化して行きます。
また、視界が広くなるといいますか、人生で辛いことや
ショックなことがあったとしても、目の前のその出来事の表面をみて
判断したり反応するのではなく、もっと広い視野で捉えることができ、
その出来事からのメッセージを受け取ったり、辛いことや問題から
逃げるのではなく、向き合って乗り越えていけるようになります。


少々のことでは落ち込まなくなりますし、落ち込んだとしても、
元の状態に戻れるまでが早くなりますね。
これは私自身がレイキで学んだことを実践してきて、
実際に感じていることです

レベル3で、最終のアチューンメントを受けるのですが、
(レベル4 レイキマスター認定のときには統合アチューンメントを受けます)
これによって一人ひとりが 自分の本質を輝かせて 精神性向上に役立てるための波動を活用できるようになります
レベル3を学んでから変化する方が多いのはその波動と共鳴し始めることも
関係しています。

また、レベル3以降は、ヒーリングの実践やレイキを使うことだけではなく、
日常のあらゆるできごとを通して「思い・言葉・行動」を選択する
ということ、心を整えることも学び実践していく段階なのですが、

これがなかなか簡単ではないんですよね

私自身、この実践方法を再度、確認する必要を感じたからこそ
再受講してきたのですが、
一人でいる時には気付けなかった、自分の中に残っていた
ごくごくプライベートな時にでてくる感情や、無意識で行なってしまう反応を、
パートナーと関わることによって見せられたこの数ヶ月。。。

相手の言葉に瞬時に反応してしまったり、関係性において
最適な距離やバランスを崩したりと、関わることによって
沢山のことを学ばされました。

今回の学びは本当に大きかったです

やはり、家族であったりパートナーというのは、本当に大きな課題を、
一番見せてくれる存在なのだと思います
人生の中で見せられる自分の課題を乗り越えていくことで
また成長していけるのでしょうね。

そんなわけでセミナーで話せる実体験も増えました(笑)

今は、最適な距離で関わっていられるように変化しつつあるので、
沢山学ばせていただいていることに感謝をしながら、
また前向きに調和的な生き方を実践していきます。

関連記事